フンデルトヴァッサー...建築家?:7つの部屋 - デザイン! News:So-net blog
So-net無料ブログ作成

フンデルトヴァッサー...建築家? [ 人の部屋/しりとり]

Hundertwassers Paradiese. Das verborgene Leben des Friedrich Stowasser
フンデルトヴァッサー(Hundertwasser/1928.12.15〜2000.2.19)本名Friedrich Stowasser。雅号「百水」にちなみ、フンデルト(=百) ヴァッサー(=水)を名のる。オーストリアの版画家、アーティスト

日本でもウィーンにある「フンデルトヴァッサー・ハウス」という集合住宅が有名。街を歩いていると、何だこれは...いつの間にか迷い込んでしまう...というより迷い込みたくなるおとぎの世界。建築家の発想とは全く異なる展開に、「こんなのありか...」とつぶやいてしまう...「こんなのもありだ!」。でも、構造からは自由になれないところが、アーティスト的な感じがするのだが...でも、それはそれでいいのだと思う。

いろいろと物議を醸している大阪市のゴミ焼却所も彼の作品。日本で建築は文化となりうるのか...いろいろな点で考えさせられる。

フンデルトヴァッサーのサイト

テレビ東京美の巨人サイト

◆フンデルトヴァッサー展
メルシャン軽井沢美術館(2006年6月10日(水)〜10月29日)

大阪市環境事業局舞洲工場の見学

舞洲スラッジセンター

キッズプラザ大阪

◆TBSの「21世紀のためのカウントダウン・モニュメント」もフンデルトヴァッサーの作品です。

フンデルトヴァッサークンストハウスウィーン

フンデルトヴァッサークンストハウスウィーン

  • 作者: フンデルトヴァッサー, Ichiko Chiba, Yuko Suzuki
  • 出版社/メーカー: タッシェンジャパン
  • 発売日: 2003/04
  • メディア: 単行本


フンデルトヴァッサー

フンデルトヴァッサー

  • 作者: ハリー ランド
  • 出版社/メーカー: タッシェンジャパン
  • 発売日: 2002/07
  • メディア: 大型本


フンデルトヴァッサー—5枚の皮膚を持った画家王

フンデルトヴァッサー—5枚の皮膚を持った画家王

  • 作者: ピエール レスタニー
  • 出版社/メーカー: タッシェンジャパン
  • 発売日: 2002/05
  • メディア: 単行本


フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー全版画作品 1951‐1986年

フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー全版画作品 1951‐1986年

  • 作者: フリーデンスライヒ フンデルトヴァッサー, ヤニーネ ケルテス, ヴァルター コシャツキー
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1988/11
  • メディア: 大型本

フンデルトヴァッサーでググってみる


■ 目次 ■ メインサイト ■ ゲストブック ■


nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 4

gillman

去年ウィーンへ行ったとき、彼の作品や分離派の作品をいくつか見ましたが、独特の世界が出来上がっていたように思います。ある意味では建築家は神のように自分の世界を作り上げることができる幸せな人種かもしれないですね。100年後、東京にはどのような建築の世界が残っているんでしょうか。
by gillman (2006-08-23 14:21) 

room7

gillmanさん、ありがとうございます。
一見「無用」のものを、どう見るか...認めることができるのか...
建築などのような、ものの表現の幅は、随分と変わってくるでしょうね。
日本の建築の多くは、あまりにも「有用」であることに自縛されているように感じたりもします。
by room7 (2006-08-27 00:13) 

百花☆momoka

建築が自然と調和してる、本来こうあるべきと思う。
ジイチャンの想いが分からない四角の脳みその人には一生分かんない建築!何も考えてない派手なようでいて、計算されつくした線。色。
靴も手作りしちゃったり、なんとも可愛いおちゃめなジイジ(笑)
この人の建築をイイって思える自分でよかった♪
room7さんの考え方好きです^^そうゆう風に物事を見れる人がいっぱい
いたら日本も素敵な国になるかな♪なるといいな♪
by 百花☆momoka (2007-09-05 23:21) 

room7

百花☆momokaさん、コメントありがとうございます。
私も同じようなことを感じます。何なんでしょうね...そう見れるか、見れないかの違いって...。何らかの体験によるものなのでしょうか? そうだとするなら、世の中まだまだ変わっていきそうです。
by room7 (2007-09-06 22:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。


room7読者.jpg  にほんブログ村 デザインブログ デザイン情報へ
にほんブログ村  banner2.gif