ビアズリーのジークフリート:7つの部屋 - デザイン! News:So-net blog
So-net無料ブログ作成

ビアズリーのジークフリート [ 人の部屋/しりとり]

◆人名しりとり...
ビアズリー(オーブリー・ヴィンセント・ビアズリー(Aubrey Vincent Beardsley/1872.8.21〜1898.3.16))
イギリスの画家。25歳で早世。

ビアズリーの絵に初めて遭遇したのは、子供の頃読んだオスカー・ワイルドの「サロメ」の挿絵だった。

当然、この挿絵を描いた人物が「アール・ヌーボー」黎明期に重要な役割を演じた...などということも知らない頃だ(アール・ヌーボーもビアズリーも知らなかった)。子供ながらに、今まで見てきた挿絵と際立って違うのに興味を引かれ、学習雑誌の付録のペンで、曲がりくねった落書きを楽しんでいた時期もあった。

その後興味を持つ「アール・ヌーボー」や「ジークフリード」なんかに関しても、彼によってスポットライトを当ててもらったような部分はある。


ビアズリーのジークフリート。ドラゴンを退治したところ。どこにドラゴンがいるか分かるだろうか?
「ジークフリート」というのは、ワーグナーのオペラ「ニーベルングの指輪」に登場する英雄。この絵は 1892年、ビアズリーが19歳(!!)の時に描いた。


こちらはサロメ。

新しい美意識を一般に広める力は、街に建てられた1つの建物やブティックに飾られた高価な置物よりも、国中に広まった書籍の方があったのではないだろうか? 時間が経てば(数十年...百年?)その建物を見る人も増えるだろうが(写真もあるが..)、それでも、当時はビアズリーの絵に接した人たちの方が多かったろう。

ビアズリーでググってみる

Beardsley01.jpg

サロメ (岩波文庫)

  • 作者: ワイルド
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2000/05
  • メディア: 文庫


Beardsley02.jpg

アーサー王物語〈1〉

  • 作者: オーブリー ビアズリー, トマス マロリー
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2004/11
  • メディア: 単行本


こちらの挿絵もあまりに有名

Beardsley03.jpg

ビアズリーと世紀末

  • 作者: 河村 錠一郎
  • 出版社/メーカー: 青土社
  • 発売日: 1991/12
  • メディア: 単行本


Beardsley04.jpg

Best Works of Aubrey Beardsley (Dover Pictorial Archive Series)

  • 作者: Aubrey Beardsley
  • 出版社/メーカー: Dover Pubns
  • 発売日: 1990/09
  • メディア: ペーパーバック


■ 目次 ■ メインサイト ■ ゲストブック ■


nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

nice! 2

コメント 1

room7

takagakiさん、nice!をありがとうございます。ビアズリーの編集者・作家としての側面も評価されています。
by room7 (2008-02-01 14:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。


room7読者.jpg  にほんブログ村 デザインブログ デザイン情報へ
にほんブログ村  banner2.gif