シジフォスの神話/アルベール・カミュ:7つの部屋 - デザイン! News:So-net blog
So-net無料ブログ作成
検索選択

シジフォスの神話/アルベール・カミュ [ 本の部屋]

シシュポス(シジフォス)...コリントスの創建者。徒労を意味する「シシュポスの岩」で知られる。

オリンポスの神々さえも手玉に取るテッサリア王の息子シシュポスは、ゼウスの怒りに触れ、巨大な岩を山の頂上へ運び上げる作業を命ぜられる。苦労して頂に置かれた岩は、自重で転がり落ち元の位置にまで戻る。シシュポスは、再び岩を運び上げる...という作業...永遠に終わることのない同じ作業の繰り返しなのだ。これが「シシュポスの岩」である。

アルベール・カミュはこれを書いた。それが「シジフォスの神話(1942年)」。

アルベール・カミュといえば「異邦人(1942年)」や「ペスト(1947年)」が有名だ。この世の中の不条理を描いているが、そこに登場する人物は不条理の中で埋没しない。不条理の中でも自身の意思を持つ自由を持っている。

「シシュポスの岩」を運び続けるシシュポスは、ある意味、究極の不条理下にある。そんなシシュポスでさえ自分の意志を自由にもてるのだから...と。

シシュポスでググってみる

51WW81Y5ANL._SL160_.jpgアルベール・カミュ(Albert Camus/1913.11.7〜1960.1.4)アルジェリア生まれのフランスの小説家。

1957年にはノーベル文学賞を受賞している。1960年、自動車事故で亡くなっている。

シジフォスの神話 (1953年)

シジフォスの神話 (1953年)

  • 作者: アルベエル・カミュ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1953
  • メディア: -

異邦人 (新潮文庫)

異邦人 (新潮文庫)

  • 作者: 窪田 啓作
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1954/09
  • メディア: 文庫


アルベール・カミュの著作を検索する


■ このblogの目次 ■ メインサイト ■ メインサイトのゲストブック ■

nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 3

whitered

名前は知っていても、本はちゃんと読んだことがありません。彼の本を読むのにいい世相なのかもしれませんね。
by whitered (2008-07-09 08:27) 

room7

whitered さん、nice! とコメントありがとうございます。私は、学生時代に読んだっきりで...でも強い印象を受けた本です。
by room7 (2008-07-09 23:02) 

room7

いっぷくさん、nice! をありがとうございます。
by room7 (2008-07-09 23:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。


room7読者.jpg  にほんブログ村 デザインブログ デザイン情報へ
にほんブログ村  banner2.gif