昔の写真:7つの部屋 - デザイン! News:So-net blog
So-net無料ブログ作成
検索選択
 昔の写真 ブログトップ

吉田山新長谷寺/宗休寺(関善光寺) [ 昔の写真]

無題17.jpg
中世の柔らかな曲線に魅せられる。
無題18.jpg

無題19.jpg

この曲線の連なりは何なんだろう?
無題10.jpg

もちろん、1つ単体で存在するだけでも、十分魅力的だが、それらが群として連続することで、また違った次元での魅力を感じずにはいられない。
無題12.jpg

群。経も群読であろう。
無題14.jpg

無題16.jpg

無題13.jpg


新長谷寺(しんちょうこくじ)は、岐阜県関市にある真言宗智山派の寺院である。山号は吉田山。
山号より通称「吉田観音(きったかんのん)」という。正式名称より通称で呼ばれることが多い。本尊は十一面観世音菩薩。三重塔、本堂など、国の重要文化財が多く、美濃の法隆寺の別名がある。
美濃四国第二十二番。美濃三十三観音霊場第三十三番札所。美濃七福神(毘沙門天)
重要文化財(国指定)
三重塔:1463年(寛正4年)再建 檜皮葺 高さ20.1m 1909年(明治42年)指定
本堂:1460年(寛正元年)再建 1909年(明治42年)指定
阿弥陀堂:1572年(元亀3年)再建 1953年(昭和38年)指定
釈迦堂:1572年(元亀3年)再建 1953年(昭和38年)指定
薬師堂:1572年(元亀3年)再建 1953年(昭和38年)指定
鎮守堂:1572年(元亀3年)再建 1953年(昭和38年)指定
大師堂:1572年(元亀3年)再建 1953年(昭和38年)指定
客殿:1660年(万治3年)再建 1953年(昭和38年)指定
木造十一面観音立像:長谷寺の十一面観音と同じ木で作られたという秘仏。実際の制作は鎌倉時代とみられる。午歳3月に開帳 
厨子入木造阿弥陀如来立像:鎌倉時代 秘仏 午歳3月に開帳
http://ja.wikipedia.org/wiki/新長谷寺)

宗休寺(そうきゅうじ)は、岐阜県関市にある天台宗の寺院である。
通称「関善光寺」という。正式名称より通称で呼ばれることが多い。
本尊は善光寺如来。
本堂の下には戒壇がある。日本で唯一の卍型の戒壇である。また、旧本堂は大仏殿といい、高さ丈六(約5m)の木造阿弥陀如来像が祀られている。
美濃四国第二十一番。
重要文化財(県指定)
梵鐘:明時代の梵鐘。重さ2.5t。「大明嘉靖庚子歳製」1530年の銘がある。

http://ja.wikipedia.org/wiki/宗休寺)

参考:現在の大日如来(関善光寺)
http://blogs.yahoo.co.jp/thikuenn/26330757.html
随分と印象が変わった。


nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行

虎渓山永保寺 [ 昔の写真]

Ehoji03.jpg

これも20年以上昔の写真。学生の頃、時々出かけた。
紅葉の頃は見事だが、新緑もよい。
Ehoji04.jpg

葉脈越しに差し込む光の向こう側に、それらはある...が、この写真は紅葉の頃。
Ehoji07.jpg

中世の美意識が生み出した柔らかな曲線が、安心感を与えてくれる。
Ehoji06.jpg

確かに、夢窓疎石は、ここに一つの完結した世界をつくり出しているかもしれない。
Ehoji01.jpg

建物の向こう側から、元気な修行僧の声が聞こえてくるのも、また愉快。
Ehoji02.jpg

帰り際、上りきった茶店で田楽片手に1〜2合...さらに愉快。
Ehoji05.jpg




虎渓山について―開山六百五十年記念誌 (1981年)

虎渓山について―開山六百五十年記念誌 (1981年)

  • 作者: 加藤 俊三
  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 1981/03
  • メディア: -

夢窓疎石―日本庭園を極めた禅僧 (NHKブックス)

夢窓疎石―日本庭園を極めた禅僧 (NHKブックス)

  • 作者: 枡野 俊明
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2005/04
  • メディア: 単行本

夢窓疎石の庭と人生

夢窓疎石の庭と人生

  • 作者: 中村 蘇人
  • 出版社/メーカー: 創土社
  • 発売日: 2007/07
  • メディア: 単行本

西芳寺 苔と石と夢窓疎石 (日本の庭園美)

西芳寺 苔と石と夢窓疎石 (日本の庭園美)

  • 作者: 西川 孟
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1989/11
  • メディア: 大型本

夢窓国師語録 (禅の古典 (4))

夢窓国師語録 (禅の古典 (4))

  • 作者: 柳田 聖山
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1983/01
  • メディア: -


nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

万治の石仏 [ 昔の写真]

諏訪石仏01.jpg

昔、2CVで信州を旅行したときの写真の中の1枚。今から20年以上前のことなので、周囲を含めて、多少の変化はあるかもしれない。

学生時代から石仏が好きで、この石仏もいつか訪ねてみたいと思っていて、ついに念願がかなった。
諏訪石仏02.jpg

素朴で、自然に形つくられたような...風雪によって、こうしたものが出来上がったような...そうした雰囲気は、この石仏自身の造形とともに、周りの光景や諏訪という土地の持つ力によって醸し出されている。

「岡本太郎氏が絶賛した人気の石仏」でもあるらしい。



石仏を歩く JTBキャンブックス

石仏を歩く JTBキャンブックス

  • 作者: 庚申懇話会
  • 出版社/メーカー: JTB
  • 発売日: 1994/03
  • メディア: 単行本

石仏の楽しみ方

石仏の楽しみ方

  • 作者: 日本石仏協会
  • 出版社/メーカー: 晶文社
  • 発売日: 1999/09/01
  • メディア: 単行本

写真紀行 日本の石仏200選

写真紀行 日本の石仏200選

  • 作者: 中 淳志
  • 出版社/メーカー: 東方出版
  • 発売日: 2001/06
  • メディア: 単行本


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行
 昔の写真 ブログトップ

room7読者.jpg  にほんブログ村 デザインブログ デザイン情報へ
にほんブログ村  banner2.gif