So-net無料ブログ作成
 デザインの部屋 ブログトップ
前の10件 | -

パーソナルなコンピュータ...Macintosh登場から35年 [ デザインの部屋]

IMG_7745.jpeg



個人で利用できるコンピュータとして登場したのが、Macintosh。今から35年前、1984年のジョブズのプレゼンテーションとリドリー・スコットのスーパーボウルのCMは、あまりにも有名ですね。(写真は、1986年に登場した Macintosh Plus、ハウジングは同じで、中にジョブズをはじめ開発者のサインがあります。)

IMG_7746.jpeg


個人の能力を最大限拡張できる装置として、パーソナルコンピュータはなくてはならないものになりました。

今は、誰もが当たり前のように、コンピュータに向き合い、何かをすることができます。

でも、これ以前はそれは当たり前のことではなかったし、そうしようと思っている人も多くはなかったと思います。

その最初のコンセプトは、このMacintoshに始まったと考えてもいいのではないでしょうか。

目に見えないものを形にするのはとても大変なことなのです。


取っ手があります。軽いです。これなら持ち運べますね。
IMG_7748.jpeg




Macintoshをプレゼンテーションするスティーブ・ジョブズ



1984 Apple Macintosh Superbowl Commercial



iPadは、とてもパーソナル。

Apple iPad (Wi-Fi, 32GB) - スペースグレイ







https://room7.blog.so-net.ne.jp/2019-02-16

#デザインの部屋
#Apple #マッキントッシュ #アップル #デザイン #Macintosh #stevejobs #スティーブジョブズ
nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

iMac ....一体型の復権 [ デザインの部屋]

PICT0087.jpg


瀕死のアップルにスティーブ・ジョブズが戻ってきて、一体型のMacが復権したのは、1998年。
(上の写真は、1999年に発表されたiMac DVで、ストロベリー色。)

もちろん、スティーブ・ジョブズ が戻ってくる前も、一体型のPerformaシリーズもあるけれど、なにしろ取っ手はない。

そして重い。重い一体型は、配線ののことを考えればメリットはある。運ばないことが前提の一体型だった。

だけど、ジョブズが戻ってきて、軽やかな(透明な)カラーリングとともに、取っ手がついた。

PICT0018.jpg


PICT0085.jpg


やっぱりそれなりに重いわけだから、持ち運びはしないかもしれない。

それでもその形は復権をイメージさせる。

1984年にデビューした最初のMacintosh。

これはジョブズが全てを注ぎ込んで作られたもので、取っ手が存在する。

イメージ? ダミー?

全てを注ぎ込む時、それが必要とされたのなら、同じコンセプトである以上、それは失ってはいけない。

iMacには、ジョブズの意思が反映されている。

i Mac、「私はマックそのものなんだ。」

PICT0083.jpg



iMacG4になると、液晶画面のおかげでまぎれもない、持ち運びのできる一体型になる。
PICT0017.jpg



そして今や...............

【新品/在庫あり】MNE92J/A iMac Retina 5Kディスプレイモデル 27インチ 3.4GHzクアッドコア 1TB Fusion Drive




https://room7.blog.so-net.ne.jp/2019-02-15

#デザインの部屋
#apple #マッキントッシュ #アップル #imac #macintosh #stevejobs #スティーブジョブズ
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

シトロエンズ ア ゴー [ デザインの部屋]

シトロエンズ ア ゴー

シトロエンがまとまって写っている写真を見るのは楽しい。

フレンチブルー・ミーティングに参加していたのは、もう30年以上前になる。

その時は、たくさんのシトロエンに出会えた。

今日は、雪みたいなので。。。。

IMG_0120.JPG





シトロエン誕生100周年、

エコール・ポリテクニーク(国立理工科大学)を卒業したアンドレ・シトロエン(Andre Citroen、1878生)が、山形歯車の生産で成功し、第一次世界大戦後の1919年にシトロエンを設立している。

最初の車は、タイプA/10CV。ヨーロッパで最初のマスプロダクトの車だった。

マスプロダクト、前輪駆動、ハイドロニューマティックと、車の技術革新の最先端のメーカーとして産業界をリードしていく。

ユニークな外観に惑わされたはいけない。中身は究極の合理性に裏付けられた、時代への回答を提案している。

シトロエンに関しては、以前にもいろいろ書いてます。



目次1 | 目次2



(注:上記の雪の写真は、今日のものではありません)


シトロエン―革新への挑戦 (CG BOOKS)

シトロエン―革新への挑戦 (CG BOOKS)

  • 作者: ジョン レイノルズ
  • 出版社/メーカー: 二玄社
  • 発売日: 2006/03/01
  • メディア: 大型本



シトロエンの一世紀―革新性の追求

シトロエンの一世紀―革新性の追求

  • 作者: 武田 隆
  • 出版社/メーカー: グランプリ出版
  • 発売日: 2013/02/01
  • メディア: 単行本



シトロエン―時代を挑発し続けるフレンチ・アヴァンギャルド (ワールド・カー・ガイド・DX)

シトロエン―時代を挑発し続けるフレンチ・アヴァンギャルド (ワールド・カー・ガイド・DX)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ネコ・パブリッシング
  • 発売日: 2006/07/01
  • メディア: 単行本




#デザインの部屋
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

ずいぶん汚れた、白雪姫(Snow White)SE30 [ デザインの部屋]

1984年1月24日に初代Macintoshが誕生して2019年で35周年。

バージョン 2.jpg


ずいぶん汚れましたが、Macintosh SE30 です。

CPU:68030 16MHz

先日紹介したフロッグデザインの代表的なデザインの一つです。
https://room7.blog.so-net.ne.jp/2019-01-30

IMG_7423.jpg


ドイツは、バウハウスウルム造形大学ブラウン(BRAUN)の流れを汲んだ、インダストリアル・デザインの先進国でした。

バウハウス:https://room7.blog.so-net.ne.jp/tag/バウハウス

ウルム造形大学:https://room7.blog.so-net.ne.jp/2005-07-08

ブラウン(BRAUN):https://room7.blog.so-net.ne.jp/2005-07-07


IMG_7425.jpg


直線的でスッキリしたデザインですよね。

ちゃんと取っ手がついてます。

すでに、スティーブ・ジョブスは、アップルにいませんでしたが、このあたりのデザインまでは、スノーホワイト(Snow White)のデザインコンセプトが継承されています。



アップルデザイン―アップルインダストリアルデザイングループの軌跡

アップルデザイン―アップルインダストリアルデザイングループの軌跡

  • 作者: ポール クンケル
  • 出版社/メーカー: アクシスパブリッシング
  • 発売日: 1998/07
  • メディア: 大型本



Apple Design 1997-2011 日本語版 -ハードカバー-

Apple Design 1997-2011 日本語版 -ハードカバー-

  • 作者: Sabine Schulze(ザビーネ・シュルツェ)
  • 出版社/メーカー: ボーンデジタル
  • 発売日: 2012/12/10
  • メディア: 大型本



フロッグデザイン創設者 ハルトムット・エスリンガー 形態は感情にしたがう

フロッグデザイン創設者 ハルトムット・エスリンガー 形態は感情にしたがう

  • 作者: ハルトムット・エスリンガー
  • 出版社/メーカー: ボーンデジタル
  • 発売日: 2014/03/27
  • メディア: 大型本




IMG_7422.jpg


#デザインの部屋
nice!(1) 
共通テーマ:アート

Macintosh LC575 & ColorClassic [ デザインの部屋]

IMG_7285.jpg


LCシリーズで思い出深いのが、LC575です。

CPU 68LC040 33MHz、RAM 36MB。

仕事はPowerMacでしていて、息抜きのゲームをLC575で。。。

ColorClassicのようなスマートさはありませんが、なんとなく愛嬌を感じませんか?

MAc関係の雑誌の付録CDには、Illustratorの体験版やOSのアップデータも入っていましたが、なにしろゲームがたくさんありました。

IMG_7284.jpg


仕事用のMacではちょっと。。。。こういう時一体型のちょっとしたMacというのはありがたいです。

これでもテレビを見てました。まさしく息抜き用のMacでした。

ColorClassicまでは、持ち運びを意識して、背面に取手などがありましたが、LC575はさすがに重い。取手はないです。正直でいいと思います。

IMG_7295.jpg


CDは、こんなケースを使っていました。懐かしい。

IMG_7304.jpg


ColorClassicは、外付けCDが必要でしたし、やはりゲームには画面がちょっと小さかったです。

ColorClassicもLC575も、中のボードは、その後のMacのものと入れ替えが可能で、かなり延命ができた様です。

IMG_7287.jpg


特にColorClassic以降は、コンパクト(持ち運びができる)Macがなかったので、改造がかなり熱かったように思います。

IMacの登場で、一応コンパクトMacは復活するわけです。ちゃんと取手が付いていますから。。。

IMG_7289.jpg


一体型こそMacか。。。


Apple iMac (27インチ, Retina 5Kディスプレイモデル, 3 .8GHzクアッドコアIntel Core i5)


#Macintosh #マッキントッシュ #LC575 #ColorClassic #Mac
#デザインの部屋
https://room7.blog.so-net.ne.jp/2019-01-28

nice!(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Macintosh LC475 [ デザインの部屋]

IMG_7256.jpg


Macintosh LC475 CPU:Motorola 68LC040 25MHz、メモリ36MB。
HDは忘れてしまいました。コプロも入れたような気がします。クロックアップはしていません。

dnsとmailサーバ用で使ってたものです。小さくて、これなら現代のパソコンに対抗できるかもしれませんね(性能は別として)。

IMG_7260.jpg


これ用の12inモニタもありますが、ほとんど使っていませんでした。何台もMacがあったので、この様なものでモニタを切り替えていました。

IMG_7276.jpgIMG_7277.jpg


LC475は、同じ様な形をした、LC(1990年,CPU68020 16MHz)、LCll(1992年,CPU68030 16MHz)、LClll(1993年,CPU68030 25MHz)が発展してきたもので、いずれもフロッグデザインが手がけています。

初代のLCと比べてみると、フロントのフロッピーディスク(わかりますよね?)の挿入口の形状が丸くなり、フロントの水平ラインがなくなっています。(手前がLC、奥がLC475です。)

IMG_7269.jpg


丸い要素が加わったことで、全体の印象も随分と違って感じられます。それまでのMacintoshの形状が直線を要素としていただけに、最初は「おやっ」と感じます。

IMG_7274.jpg


もうパソコンはなくてもいいのか?

Apple iPad (Wi-Fi, 32GB) - スペースグレイ

Apple iPad (Wi-Fi, 32GB) - スペースグレイ

  • 出版社/メーカー: アップル
  • メディア: Personal Computers



https://room7.blog.so-net.ne.jp/2019-01-27
#マッキントッシュ #Macintosh #LC475
#デザインの部屋
nice!(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Macintosh LC630 [ デザインの部屋]

IMG_0612.jpg


LCのLCは、「Low-cost Color」の略。コストダウンが図られているが、なかなか面白いパソコンだった。

IMG_3111.jpg


PowerMac8500とPowerBook5300で、Macに魅了された私は、ネット上のサイトを参考に、いろいろ試して遊んでいた。

そんな中、サーバーを立てることを思いつく。

IMG_5530.jpg


今の様に大量の情報が通信されている時代ではなく、(ちょっとだけ?)時代遅れのパソコンでも処理に対応ができた時代だった。セキュリティに関してもまあ、今とは違う。

Macはセキュリティ面でも安心! と言われていたが、一方で、サーバーを立てるためのソフト等の選択の余地は狭かった。

それでも、dns、mail、webのサーバーのとともに、databaseサーバーまで立てて、ちょっとだけお仕事もした。

そんな時、webサーバーとして、一生懸命働いてくれたのが LC630 だった。ジャンクショップで購入した。
(dnsはLC475、databaseは、PowerMac7100 とPoweMac6100 を使った。)

そんなわけで、LC630はPoformerを合わせると4台持っている。

IMG_9786.jpg


いかにも中を開いてくれといった裏蓋。

IMG_5667.jpg


サーバーのために、10Base-Tのイーサネットカードを装着。これもジャンクショップで購入。

IMG_3242.jpg


また、テレビ入力用のスロットがついていたので、これもパーツをジャンクショップで見つけてきて、13inの小さなモニターでテレビを見たりもしていた。リモコン付き。のどかな時代である。


上の2冊は持ってます。このあと、ますますハマっていくわけです。。。

DOPING MAC―Macintosh Tune Up Guide Book 「旧型マック」スーパー改良術!!

DOPING MAC―Macintosh Tune Up Guide Book 「旧型マック」スーパー改良術!!

  • 作者: 最強のSE 30を創る会
  • 出版社/メーカー: ぶんか社
  • 発売日: 1997/05
  • メディア: 単行本



Old Mac超蘇生マニュアル—2000円から始める機種別・用途別活用法

Old Mac超蘇生マニュアル—2000円から始める機種別・用途別活用法

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本文芸社
  • 発売日: 1998/11
  • メディア: 単行本



Old Macパワーアップガイド (アスキームック MacPeople MOOK 18)

Old Macパワーアップガイド (アスキームック MacPeople MOOK 18)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: アスキー
  • 発売日: 2007/02/16
  • メディア: 大型本







nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

PowerBook5300c [ デザインの部屋]

IMG_6751.jpg

PowerBook5300c
100MHz PowerPC 603e 64MB

IMG_6747.jpg

授業のために中古を購入。学校のTVやプロジェクターを利用するために、(専用のディスプレイアダプタケーブルと変換器が必要ではあるが)ビデオ出力できるノートパソコンとしては、もっとも性能が良かったような気がする。(あったのかもしれないが、新しい1400よりもこちらを勧められた。)

IMG_6760.jpg

授業では、それまでスライドを使っていたが、動画も加えて編集するなど、格段に機動性が上がった。スキャナーも購入しなければならなかったが…..

IMG_6763.jpg

PowerMac8500で作った資料を、Ethernetでつないでダウンロードして持ち歩いていた。たまに、仕事のプレゼンでも活躍していた。

IMG_6766.jpg

IMG_6768.jpg

今使っているMacBookProと並べてみると.....


IMG_6739.jpg

IMG_6744.jpg

IMG_6738.jpg

MacbookProの厚みは、PB5300cの蓋ほどもない。
やあ、すごい。


APPLE MacBook Pro 13.3/2.5GHz Core i5/4GB/500GB/8xSuperDrive DL MD101J/A

APPLE MacBook Pro 13.3/2.5GHz Core i5/4GB/500GB/8xSuperDrive DL MD101J/A

  • 出版社/メーカー: アップル
  • メディア: Personal Computers



nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

PowerMac8500 [ デザインの部屋]

352A63A0-EBA2-4D01-AC1A-E2EDDCE53A86.jpeg

私の最初の愛機はPowerMac8500。PowerPC 604。CPU132MHz、HD2GB、RAM128→256MB、漢字Talk 7.5.3→OS8→OS9.1。といった感じで使ってました。

F9556480-E2AB-4E8F-A82C-D0091F1DED27.jpeg

1423E276-5012-4048-A772-7FC3F948F314.jpeg

miniCAD、Photoshop、Illustrator、Premiere、PageMaker、Flash、Shockwave、GoLive…..ワープロ、ビデオ編集、web制作、仕事ではもちろん、仕事に関係なくてもいろいろ挑戦していた頃です。生活が、Macを中心に回っていた時代ですね。楽しかったです。

4EC8A421-1D5D-49FB-9685-ACE692D7E8C6.jpeg

68BA54B0-0AD8-41EE-8FB4-5D602FA65F54.jpeg

メモリ増設したり、G3のドーターカードを指したり、何度も中を開いてあれこれいじってました。それも楽しかった。

結構長い間使ってました。
高かったけれど、寿命の長いMacでした。

CDBBF424-27F7-42B1-B7C3-2C7E92389B4D.jpeg

https://ja.wikipedia.org/wiki/Power_Macintosh_8500


あんなに大きかったボディも、今はこんに小さく軽くなってます。時代です。





nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

アルヴァ・アアルト展 [ デザインの部屋]

アアルトの手書きのスケッチや図面を、眼前で心ゆくまで。

これ以上何を望む?

B8E74284-0B3B-461F-A9CE-8F30F503FB43.jpegD14B96BE-F510-4C88-9CC2-E44020630EB1.jpegD1C21CA3-CEE4-47A3-96AA-9BCE4772D542.jpeg09A35760-EE2C-48C3-A41B-6233757BAD8A.jpeg257DC86B-D084-450B-95A8-EF569E011294.jpeg9FDF62E9-1402-45AB-B811-0E2A5640620D.jpeg6D8D20EA-B316-4383-9014-EAC64E69ADE7.jpeg








(イッタラ)IITTALA アルヴァ・アアルト フラワーベース 120mm 花瓶 01.レイン [並行輸入品]

(イッタラ)IITTALA アルヴァ・アアルト フラワーベース 120mm 花瓶 01.レイン [並行輸入品]

  • 出版社/メーカー: iittala(イッタラ)
  • メディア: ホーム&キッチン



アルヴァ・アアルト:もうひとつの自然

アルヴァ・アアルト:もうひとつの自然

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 国書刊行会
  • 発売日: 2018/10/22
  • メディア: 単行本



AALTO 10 Selected Houses アールトの住宅

AALTO 10 Selected Houses アールトの住宅

  • 作者: 齋藤 裕
  • 出版社/メーカー: TOTO出版
  • 発売日: 2008/03/20
  • メディア: ハードカバー



posted by 長草の牛 at nice!(1) 
共通テーマ:インテリア・雑貨
前の10件 | -  デザインの部屋 ブログトップ

room7読者.jpg  にほんブログ村 デザインブログ デザイン情報へ
にほんブログ村  banner2.gif

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。